オンラインストレージ・オンラインワークスペース・オンラインバックアップならVG-Sync

WebクライアントのダウンロードURLは運用しやすいですし、VG-Sync使用時に広告が出ないのは助かります。

Vol.017

リンクソフトウェア株式会社 埼玉県幸手市

代表取締役
生出 公男様

http://www.linksoft.co.jp/
リンクソフトウェア株式会社

まずは御社のビジネスの概要を教えて頂けますでしょうか。

主にデータベースを使った一般的な事務システムが多いんですが、基本的に請負でやっております。あとはシステムまわりでよく使うデータの変換ツールなども作っております。

基本的にはメーカーさんなどから受けたお仕事が多いという形でしょうか。

メーカーさんからというわけではないんですが、エンドユーザ様とつながりのある方からお話しを頂いたりとかですね。仲間とかもいろいろいますので、そういったつながりから、お客様のシステム開発のお仕事のお話しが出てきたりとかもありますね。

開発しているシステムとしては、どういったものが多いでしょうか。

具体的に言いますと、最近ずっとやっていたのが、入力したデータを国に提出して請求をするという一連の流れに関する検診管理システムです。医療関係ですね。システムは主にWindows系で、言語は.NETとかVBが多いです。弊社でVBで作った資産がありますので、それを再利用していくという形が多いです。

今回、VG-Syncという弊社のサービスを使って頂いてるんですけども、基本的にはどういった事がきっかけでご利用になられたんでしょうか。

一番のきっかけというのは、元々は自力でサーバをたてて、外から使えるような環境を作っていたんですが、事業規模が変わってきたという事もあり、いちいち自力でやるのも大変なので、外からデータや開発したプログラムを取り出すのに不便になってきたので、それでオンラインストレージを使いたいと思って探したところ、無償版の5GBというものがあったので、他のサービスと比較はしたんですが、とりあえず使ってみたという形です。

社外で作業される事も多いんですか?

現場に納品しに行ってインストールするんです。その時に、何かあった時のために、ノートPCにも納品物を入れているんですけど、必要なものが万が一に消失等という事もないともいえない想定でして。それでそういったものは全部アップロードしておきたいんですね。基本的には、VG-Sync利用の一番のメリットは、作成したソフトウェアの納品時の利用ですね。自分で作ったソフトウェアを自分でVG-Syncにアップロードして、現地で自分で取り出すといった感じです。
自治体さんまわりをしてる時に、私だけじゃなくて、元請けの方も、他の自治体さんに行って、最新版が必要になった時にダウンロードして頂く。そういう使い方もしました。つまり、ソフトウェアのアップデート版を置いておく。それがある意味、一番多かった使い方ですね。Webクライアントの機能を使ってVG-Syncを使っています。

VG-Syncを使うファイルのファイルサイズは大体どれくらいですか?

数十MB前後ぐらいです。ものによってはもう少しファイルサイズが大きくなるものもあるんですけど、基本的にはギガバイト単位ではないです。数十MBぐらいのソフトウェアパッケージで、そこにドキュメントは含まれていません。ドキュメントはあまり容量的に大きくないので、メールでのやりとりが多かったです。

プログラム自体はサイズが大きいので、メールでのやりとりはちょっと難しいという事ですね。

そうですね。また、プログラムの場合はVG-Syncのようなオンラインストレージに保存しておくと、いざという時に古いバージョンのものも比較的簡単に取り出せるので、古いバージョンのプログラムファイルが添付されているメールを探し出すなどの手間はかけなくて済みますよね。作成したプログラムに不具合があった時に、不具合が起こらないバージョンにすぐ戻したいという時に、VG-Syncのようなオンラインストレージが役に立つ事が多いという事ですね。また、パートナー企業さんに当該プログラムファイルを渡す時は、Webクライアントで作成したダウンロードURLで渡すという形にしてますね。お客様ご自身やパートナー企業様の作業の手間が減らせるように、各バージョン毎のプログラム本体まるごとを、VG-Syncのオンラインストレージにどんどん入れてましたね。つまり、主にWebクライアントを使ってソフトウェアパッケージの配布に使っていたという事ですので、VG-Sync利用者の環境は基本的にブラウザベースでしたね。
また、当該ソフトウェアを使う側は自治体さん(エンドユーザさん)なので、その方達の代わりに東京側では私達がいて、直接データを変換してしまうという形で作業をやっていました。作業の時に必要なファイルをVG-Syncから取り出すという感じですね。弊社側も、例えば、兵庫のほうに行っていたり、もう1人が福島のほうに行っていたり、という事がありましたので。

VG-Syncを今まで使って頂いて、感想や、便利だなと思うところなどはありますか?

メール添付でファイルを送る場合と違って、各バージョン毎のプログラムをまるごと置けるというのもいいなと思います。それと、あるファイル転送サービスを使おうとしたんですが、無償版はコマーシャルだらけで、ちょっと使いづらいかなと思ったんですね。VG-Syncの場合は他社の広告などは入らないので、そういったところはうれしいですね。

VG-Syncのバックアップ目的での使い方はされていますか?

あるプロジェクトで、ソースプログラムのVG-Syncへのバックアップも時折、手動でやっていました。以前はネットワークディスクとかを置いていたんですが、それはやめて、パソコン同士でバックアッププログラムを実行させて、そのパソコン同士でお互いのバックアップを取り合うという事をやってたんですが、それに加えて、何かあった時のために、VG-Syncにもソースプログラムを時折バックアップをとっていました。

VG-Syncはセキュリティ面も重視した実装にしているんですが、そのあたりを客観的にご覧になって思うところとかありますか?

VG-Syncの場合は広告は出ませんのでそこは重要ですよね。セキュリティ意識が高い方だと、広告が出るのはちょっと、とかどのサービスを使うかについては判断基準は人それぞれですからね。VG-Syncは操作等が基本的にシンプルでいいと思います。

ありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いします。

導入事例の一覧へ戻る
株式会社ソフトエイジェンシー
  • 株式会社ソフトエイジェンシー (※ISO27001 認証取得企業)
  • 【TEL】 050-5505-5509
  • 【受付時間】 9:30~12:00, 13:00~17:30 (土日祝、および年末年始を除く)
  • 【URL】 http://www.softagency.co.jp/
  • ※ISO27001は、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格です。