オンラインストレージ・オンライン共有フォルダ・オンラインバックアップならVG-Syncお問い合わせ

よくあるご質問

VG-Sync2とはどんなものですか?
ソフトエイジェンシー自社サービスの仮想マシン(暗号化仮想サーバ)まるごとお貸し出しのオンラインストレージサービスで、当該仮想マシン内のユーザ使用可能領域は暗号化ディスク領域(AES256ビットで暗号化)となっております。ご利用開始時にはまずライセンスアクティベーションを行って頂いてから管理者ユーザを作成。その管理者ユーザで管理画面にログインして実際にオンラインストレージを使用するユーザやデータ保存用のフォルダを作成。そしてそのユーザとフォルダの紐付け(アクセス権設定)を行うといった形のセキュリティ面を意識したサービスです。
VG-Sync2オンラインストレージにはどのようにアクセスするのですか?
当該オンラインストレージへのアクセスには、SFTPやSSHFSなどのSSHベースのプロトコルやWebDAV(https)を使う事ができます。従いまして、VG-Sync2をご利用になるお客様はインターネット経由で当該オンラインストレージにアクセスして頂く事になりますが、お客様側とオンラインストレージ間はそのようなセキュアなプロトコルが使われますので安心です。
VG-Sync2に関する一切の作業を業者に任せようと思っています。そのような事は可能ですか?
セキュリティ面を考慮した場合、VG-Sync2の初期設定やその後の管理は、できればお客様自身に行って頂きたく存じます。
自動バックアップはどのようにすればよいですか?
お客様側のマシンがLinuxであればlftp、WindowsであればWinSCPを利用して、自動バックアップが可能です。
暗号化フォルダにアクセスするユーザは、Active Directoryと連携させる事は可能ですか?
いいえ、それはできません。
VG-Sync2を利用している顧客がVG-Sync2オンラインストレージ上に置いているデータは、ソフトエイジェンシーは見る事はできるのですか?
いいえ、できません。
VG-Sync2の利用を終了したい場合はどうすればいいですか?
解約申込書をお渡しさせて頂きますので、そちらにご記入後に弊社にご提出ください。
なるべく簡単な方法でVG-Sync2を利用したいと考えています。例えばどのような方法がありますか?
Webクライアントをご利用頂けば、クライアントマシン側にVG-Sync2オンラインストレージにアクセスするためのソフトウェアを何もインストールしなくても、ブラウザだけで当該オンラインストレージにアクセスできます。また、お客様側のクライアントマシンでFileZillaなどのSFTPクライアントソフトウェアを使うと、VG-Sync2オンラインストレージと、SFTPのプロトコルを使ってファイルのやりとりができます。
VG-Sync2は機能的にどのような用途で使う事が可能ですか?
ファイルを暗号化された状態でバックアップする、オンライン共有フォルダとして利用する、セキュアなファイル転送を行う、リムーバブルメディアの代替として利用する、監視カメラの画像保存先として利用する、などの用途でご利用頂けます。また、特にWebクライアントの機能として、ファイル公開機能(ファイルダウンロードURL)やフォルダ公開機能(ファイルアップロードURL)をご活用頂く事も可能です。
現在利用中のディスク容量は拡張はできますか?
可能です。
VG-Sync2の管理画面にログインするデータ管理者ユーザ名、あるいはそのパスワードを忘れてしまいました。どうしたらいいですか?
ソフトエイジェンシーにご連絡ください。お客様ご利用のVG-Sync2オンラインストレージにて、改めてデータ管理者ユーザとそのパスワードを再設定できるように対応させて頂きます。
VG-Sync2の利用条件(容量、ユーザ数、フォルダ数、管理者ユーザ数)を変更したいと考えているのですが、どうしたらいいですか?
ご契約更新時期であれば、更新申込書ご提出時にご利用条件を変更した内容にして頂ければご対応させて頂きます。年間契約中途でのご利用条件変更をご希望の場合は、ご契約内容変更後の金額が増額の場合のみご対応可能で、同じオンラインストレージ環境を引き続きご利用頂けます。
VG-Sync2のしくみを使って、データを遠隔地にバックアップした後、そのデータをさらにテープにバックアップする方法は何かありますか?
いいえ、ありません。
VG-Sync2を海外との情報共有の為に使いたいのですが、可能ですか?
本サービスは本サービスに接続可能な、あらゆる国・地域で提供可能です。ただし、日本国外での利用に関して可能な限りのサポートを致しますが、動作を保証するものではありません。
1ファイルあたりで、アップロードできるファイルサイズの制限は何かありますか?
Webクライアントからファイルアップロードされる場合は、IE8の場合は1ファイルあたりで最大2GB、IE9~11の場合は1ファイルあたりで最大4GBを目安にしてください。Firefox、Google Chrome、Safariの場合は、実機検証上では、基本的には1ファイルあたりで最大4GB以上のファイルのアップロードが可能ですが、それらのそれぞれのブラウザの仕様をご確認ください。1ファイルあたりで、4GB以上のファイルをアップロードしたい場合は、SFTPクライアントソフトウェアのご利用も、必要に応じてご検討ください。
VG-Sync2の暗号化フォルダに保存されるデータが流出することはありませんか?
VG-Sync2の暗号化フォルダに保存されるデータは、AES256ビット暗号化方式で暗号化され、保護されます。また、VG-Sync2は仮想マシンまるごとお貸し出しのオンラインストレージで、当該仮想マシンはご契約者様に管理して頂きます。VG-Sync2に保存されているデータにアクセスできるのは、管理者ユーザが作成した、当該データにアクセス権限があるユーザのみとなるため、そういったユーザの管理をしっかり行って頂ければ、データ流出の可能性は低いと思われます。さらに万が一の場合に備えて、情報漏洩賠償責任保険(引受保険会社: 三井住友海上火災保険株式会社)に加入しております。
VG-Sync2を利用する場合、他のお客様と利用環境を共有する形になりますか?
いいえ、VG-Sync2はご契約毎にオンラインストレージ環境(仮想マシン)が異なりますので、他のお客様とは異なる環境にてご利用頂けます。
クライアントマシン側からVG-Sync2暗号化フォルダにアクセスする際、アクセス権限の設定はできますか?
はい、クライアントマシン側からVG-Sync2の暗号化フォルダに接続/利用する際は、当該暗号化フォルダにアクセス権限(「読み書き」あるいは「読込専用」)が割り当てられたユーザを使ってアクセスします。暗号化フォルダへのアクセス権限の設定は、VG-Sync2管理画面で行います。(ユーザは当該オンラインストレージ内の暗号化フォルダへのアクセス権限設定には、「読み書き」「読込専用」「アクセス不可」の3種類から選べますので、アクセス権限を与えたくない場合は「アクセス不可」を選択してください。)
VG-Sync2にはウィルスチェック機能はありますか?
いいえ、ございません。従いまして、当該暗号化フォルダにアップロードするファイルは事前にウィルスチェックを行って頂き、当該ファイルをアップロード/ダウンロードするマシンは事前にウィルスチェックを行った状態でご使用ください。
VG-Sync2には、どれくらいの長さのファイル名のファイルが保存できますか?
255バイトまで可能です。(拡張子がある場合は、拡張子も含みます。)ファイル名に使用する文字が全角の場合、1文字が2バイトとは限らず、3~6バイトである可能性もありますので、文字列が最も少ない場合、42文字となります。(その場合、拡張子を除くと、ファイル名だけで41文字となります。)
VG-Sync2の暗号化フォルダに保存するファイルには、保管期限はありますか?
いいえ、VG-Sync2ご利用期間中はそこに保存されているファイルは自動的に削除されるような事はございません。
VG-Sync2の管理画面やデータ保存領域へのアクセスをIPアドレスで制限したい場合はどうすればいいですか?
管理画面とデータ領域それぞれで異なるIPアドレスでのアクセス制限設定が可能で、管理画面にて設定可能です。
株式会社ソフトエイジェンシー
  • 【開発元 / 運営会社】株式会社ソフトエイジェンシー (※ISO27001 認証取得企業)
  • 【TEL】 050-5505-5509
  • 【受付時間】 9:30~12:00, 13:00~17:30 (土日祝、および年末年始を除く)
  • 【URL】 http://www.softagency.co.jp/
  • ※ISO27001は、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格です。