IoTを活用した大気調査ソリューション

(ドローン × VG-Sync IoT)

ドローン

大気汚染等を調査するためのセンサーを搭載したドローンを飛行させ、センサーで検知/収集したデータをIoTクラウドデータベースに蓄積して、リアルタイムにそのデータを閲覧するしくみです。

ここでは、まずは温度・湿度情報、その他に今後想定される情報としては、例えばPM2.5や有害ガスなども収集対象となる可能性もございます。

IoTを活用した大気調査ソリューション2 Drone Graph
IoTを活用した大気調査ソリューション2-1 サンダーバード株式会社 SHコンサルティング株式会社 株式会社ソフトエイジェンシー

人の行けない地域等におけるIoT活用ソリューション想定例

(人の行けない地域等での測定 × VG-Sync IoT)

人の行けない山の中や遠い場所での測定が必要な場合、LoRa子機を載せたドローンをその調査想定地点まで飛行させ、LoRa子機を配置します。当該LoRa子機にはGPSや温湿度等センサーを装備させておき、そのセンシング情報をLoRa通信でLoRa親機経由でインターネット上のクラウドに保存させ、あとはパソコン等からそのクラウド内のデータを引っ張ってきて様々な可視化等を行えます。

人の行けない地域等におけるIoT活用ソリューション想定例 SHコンサルティング株式会社 株式会社ソフトエイジェンシー
戻る