農業でのIoT活用ソリューション

(農業 × VG-Sync IoT)

上野いちご農園写真

土壌湿度センサーで土壌湿度に関する状態検知を行い、(1)水分補給(要/済)に関する状態をSMSで送信、(2)検知した土壌湿度に関する情報をIoTクラウドデータベースに蓄積して、リアルタイムにそのデータを閲覧するしくみです。

さらに、水分補給が必要な状態になった場合は、電磁弁を開けて自動水やりを行ないます。

(協力: SHコンサルティング株式会社)

農業でのIoT活用ソリューション
戻る