水力発電関連でのIoT活用ソリューション想定例

(水力発電関連 × VG-Sync IoT)

日本にある何千という数の様々な目的のダムのうち、水力発電設備があるダムもあります。上水道や農業用水用等への使用目的でダム貯水池から取水する際に水力発電が行われるケースも多く、水力発電に使用される発電機(モーター)に関して、発電機の温度が上がり過ぎていないか、商用周波数(50Hz/60Hz)からずれないような回転数(rpm)で発電機が稼働しているかを監視するために、温度センサーや回転数センサー、周波数センサー等の役割をする機器が使われています。

(※ここでいう周波数センサーとは、発電機での発電が50Hzあるいは60Hzで行われていて、その商用周波数からずれていないかのチェックを意味します。)

その他にも当該発電機に関して正常な発電を維持するために多くのセンシングが行われています。こういった分野でも、ニーズに応じてご対応させて頂ける可能性がございます。

水力発電関連でのIoT活用ソリューション想定例
戻る