牛放牧関連でのIoT活用ソリューション想定例

(畜産関連 × VG-Sync IoT)

本州でおおよそ5月~10月あたりを目処に、決められた放牧地に妊娠3ヶ月後あたりの妊娠牛を4~5ヶ月間、放牧するケースです。妊娠牛は頻繁に移動しない可能性が高いため、各個体につけられたカウベル等にLoRa子機(+GPS)を取り付けて、管理事務所にあるLoRa親機で各個体の位置情報をスポット的に一定間隔で捕捉します。

これにより、何らかの要因による死亡の可能性を想定したり、盗難、(情緒不安定等の要因も考えられる)脱柵も認識できます。

牛放牧関連でのIoT活用ソリューション想定例
戻る