PM2.5濃度センサーのIoT活用ソリューション想定例

(PM2.5濃度センサー × SuguIoT 4-20)

PM2.5(微小粒子状物質)は直径が2.5μm以下でその成分は様々。花粉などと比べて非常に小さく軽いため、自然換気の場合、PM2.5濃度は、室内と屋外でそれほど変わらないことも。肺の奥深くまで入り込みやすく、健康への悪影響が問題視されています。大気汚染だけが原因ではなく、喫煙その他の影響により、屋外よりも高濃度のPM2.5が屋内で出現することもあります。PM2.5濃度センサーで室内のPM2.5濃度を把握することは、健康を維持するための1つの手段として役に立ちます。

PM2.5濃度センサーのIoT活用ソリューション想定例 東京ダイレック株式会社 株式会社ソフトエイジェンシー
戻る